愛知でくまのスカーフを巻くときには

愛知のおしゃれな女性の中には、クマのスカーフを首もとに巻いてコーディネートをする人も多いことでしょう。

くまのスカーフが一つでもあれば、なんパターンもアレンジすることができ、いつものコーディネートも新鮮になります。愛知でもおしゃれな人はすでに取り入れていて、首元に巻くのがひとつのトレンドになります。使うサイズや巻き方、巻く位置によって雰囲気も異なるので、気軽にチャレンジしてみましょう。愛知でのくまのスカーフの簡単な基本の折り方として、バイアス折りと呼ばれるものがあります。

裏面を内側にして中心に向かって半分の位置までをったら、下側も同じように中心まで折りあげます。下側を先ほど折り上げた中心まで折ったら、上側が下の線に重なるように下りましょう。この作業をもう一度して細くなったら完成です。大判のスカーフでも小さめのものでも、このバイアス折りで問題ありません。この折り方をマスターすることで、簡単にきれいに巻くことができるでしょう。

基本中の基本といわれ、愛知でも人気のものがループノットです。端から数センチの位置で緩く結んだら、そのループに反対側の先端を通します。形を整えれば完成です。結び目を作る際には、後ろから反対側のセンターを通すため、緩めにしておくのが一つのポイントです。簡単にでき、結び目がネクタイのようにシュッと見えるため、大人っぽい印象を作り出すことができるでしょう。カジュアルな着こなしにもシュッくまの柄がマッチします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *