水漏れだけではない!岡山水道センターのマナー

岡山水道センターは水漏れの修理に特化した事業主として多くの岡山県民に親しまれてきましたが、ただ単に水漏れの修理をしてきたのではなく、利用者との信頼関係にあります。信頼関係を築くために訪問時には会社名と作業員の氏名を名乗っていますが、首には常に社員証を提示しており、礼儀を第一に考えている企業として多くの企業がお手本としています。全ての社員に礼儀を指導するために定期的にマナー講座を開催していますが、当初は社員の出席率が低かったのですが、社員の出席率を上げるために出席した社員には均一で1回の講習につき特別手当が3、000円の手当を付けています。特別手当を付けることで社員の出席率が上がったので、利用者宅へ訪問した際の接客マナーも評判があるのです。

社内で開催されているマナー講座の講師には現役の接客指導員を外部から招いて開催されているために、マナー講座のレベルは非常に高くなっているのでしょう。岡山水道センターはマナー講座を開催するようになってからは、利用者から一切苦情が寄せられることがなく、社員全てが和気あいあいと仕事をすることが可能となったのでしょう。岡山水道センターは水道の水漏れのみに力を入れているのではなくて、マナーにも力を入れていることで多くの依頼が殺到するキッカケにもなり、社員全員の生活レベルも同時に上げることが可能となったのです。これによって、国からはモデル企業として表彰された実績があります。