岡山で蛇口の水漏れがあったら

一般家庭の水回りには蛇口が取り付けられています。例えば洗面所やお風呂場、キッチンなどにありますが、蛇口の排水口やパイプの付け口、ハンドルの下の部分などから水が漏れてしまって困ってしまうこともあるでしょう。古くからあるタイプだとハンドル混合水栓があります。子のタイプは温水と冷水の2種類のハンドルがついており、冷水と温水の量を調整しなければなりませんので、そのため使用頻度も高く比較的壊れやすい部分でもあります。

しかし蛇口の構造が単純な造りになっていますので、比較的水漏れ修理がしやすい仕組みになっています。シングルレバー混合栓は、レバーの下からの水漏れが多い傾向があります。シングルレバーの構造は上下左右に動かすことが出来るので、遊びのスペースが多くなっているため、水漏れがしやすい傾向があるでしょう。この場合はバルブカートリッジという部品を交換するだけで水漏れを解消することが出来ます。

パイプの付け根部分から、漏れている場合は接続部分のパッキンが壊れている場合やナットが緩んでいる場合があります。この場合はパッキンを交換すれば直せますし、ナットの緩みがある場合はナットを締めるだけで漏れを解消することが可能です。岡山で水漏れトラブルがあった場合は、自宅の近くにある評判のよい業者に見てもらうのが一番です。岡山の専門業者に依頼すると、お金が結構かかってしまうのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、部品の交換だけであれば低料金で済むケースもあります。

費用面が心配な場合は岡山の業者にどのくらいかかるのかを、あらかじめ聞いてから依頼されるとよいです。